スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆自分に祈る



823249_2_S_convert_20110203131518.jpg



■「母供養し、強く生きろ」両親殺傷の長男に父
 
 昨年4月、北海道北見市で長男が両親を殺傷したとされる事件で、殺人などの罪に問われた無職渡辺大起被告(24)の裁判員裁判の第3回公判が2日、釧路地裁(金子大作裁判長)で開かれた。

 この日の証人尋問では、重傷を負った父(58)が出廷し、「許されるなら、早く社会復帰させたい」と証言した。

 この事件では、母(当時55歳)が包丁で刺されて殺害され、父も数回刺され、一時は生命が危ぶまれた。冒頭陳述などでは、渡辺被告は大学を中退し、公務員試験にも落ち、家に戻ったが、母親に「クズ」などと叱責されたことに腹を立てたとしている。

 法廷で父親は「やったことをみつめ、母親を供養しながら強く生きていってほしい。分かるな、大起」と渡辺被告に呼び掛けた。父親は「刑務所に入るのは間違いないと思うが、強く生きていくため、これからも面会で話し合いたい」と述べた。渡辺被告は涙を流し聞き入っていた。



以上・・・読売新聞 - 02月02日




長男君の為に祈るよ。

自分の主観を疑わない人達には解らんだろうけど。。。

長男君の母は二度と戻らない。

だからこそ俺は君を赦すよ。


彼の父親が己の未熟を感じるなら、それも赦す。


分析されて、決めつられて、物が溢れて。。。自分の感覚と常識とを天秤にかけながら生きてきたんだと思う。

もしも話をする人がいたなら、彼の母を赦してあげる人がいたなら。。。

こんなことは起きなかったと推測する。

彼や父親が自身の因果に気づいた時に乗り越えられるように祈ります。



自分が信じている常識を再確認して欲しい。

『常識が変わり、たった一人になっても信じ通せる、行動に現せる常識』であるのかどうかを再確認して欲しい。

あまりにも曖昧なものさしで人を決めつけてやしないかい?









応援いただけると幸いです。





スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らいおん

Author:らいおん
◇・◆・◇・◆

らいおんの鳴らす

鈴の音

聴こえますか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。