FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆めんどくさい


678631_S_convert_20110227031522.jpg




■女ゴコロが丸裸!? 女性がホワイトデーに欲しい“お返し”とは?

2月も終盤にさしかかり、そろそろ百貨店などではスイーツやアクセサリーなど、ホワイトデー用の商品が並び始めている。そんな中、西武渋谷店が20~50代の女性100名に「ホワイトデーにもらいたいお返し」に関するアンケートを実施。「義理編」(“義理チョコ”をあげた相手から貰いたいもの)と「本命編」(本命の相手から貰いたいもの)でハッキリ分かれる、女ゴコロを丸裸にする(!?)結果となった。

まず、「義理編」で最も人気が高かったのは「チョコレート」(21票)。続けて、「マカロン」「クッキー」(ともに16票)と、やはりスイーツ人気高し! その理由を聞いてみると、「自分ではなかなか買わないけど、食べたいから」といった意見が多数で、スイーツは“お返しの定番”となっているようだ。その次に「ハンドタオル・ハンカチ」(9票)、「有名ブランドのお菓子」(6票)と続き、全体的に「義理編」では、“消えもの”と言われる食べ物系が良いという回答が多数。ほかにも、「ギフトカード(音楽・図書・クオカードなど)」(4票)という“実用的”なアイテムを求める声も聞こえた。

対して「本命編」では、“形や記憶に残るものを”という意見から、「ネックレス」(16票)や「ピアス」(13票)が上位に! 「常に身に付けられるものだから」「ファッションや気分によって付け替えられる」などの理由が聞かれ、やっぱり「本命からはアクセサリーを貰いたい!」という女性は多いようだ。



以上・・・東京ウォーカー - 02月26日


 

今年はその場で返せるように、あらかじめいくつか用意していた。

日本人は貸しに対して利子利息を当たり前にしている民族だ。

1ヶ月もたったら大変な事になってしまう。


もらうと、間を保つ事になり。。。めんどくさいし、気持ち悪い。

その場限りのお付き合いで充分だ。


何をしてもめんどくさくするんだなぁ。(笑)









応援いただけると幸いです。







スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

◆つらいぞ


777441_1_S_convert_20110224145706.jpg



 
人は何かを 必ずくれる


嫌なやつも

ひどいやつも


あぁ。。

こんちくしょう!!

泣きたくなる夜だなぁ。。。


痛みを楽しんじまうのは

きっと 

三つ子の魂のせいなんだろな?


父親になる時には 手放そうと思う


明日も頼むぞ 私の体さん

ありがとう 体さん♪








応援いただけると幸いです。



テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

◆なんでだ?



685230_S_convert_20110222064340.jpg




考えた結果、解らないのなら仕方ないのかもしれない。

考える前から無理とはどんな理なのだろうか。


ああそうか。。。

そうなのか。



完璧がボーダーラインなんだな。





◆追記


新幹線が5分遅れたくらいで。。。不満を言ったり、怒ったり。。。

自分の思い通りにならないことが、なんでそんなに?



バカなんだな。

意気揚々となんでも決めてしまうもの。

身近な様子、電車に合わせた待ち合わせ時間を絶対としているキチガイなんですから。

誰かがこけると皆こける様な決め事だからリスクが増えてしまうんだな。

決めてリスクが増えるなら、根幹のマインドを見直す事が大切なのですがね。

そのくせ、肝心要の時はこける。


バカですよ。


怒るバカ→ 怯えるバカ→ 怒るバカ→ 怯えるバカ。。。ってずっと連鎖的に広まったんでしょうね。


この国はいつまで鎖国なんだか。








応援いただけると幸いです。


テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

◆身の程。。。

 

674718_S_convert_20110218133325.jpg





■男性に人気のある女性が「無意識に行っている日常的な行動」9パターン

人の容姿や性格といったキャラクターは千差万別ですが、なかでも「男性に人気がある女性」には、ある種の共通の行動パターンがあるように思えます。そんな彼女たちが日ごろから無意識に行っている「男性を惹きつける行動」には、どんなパターンがあるのでしょうか? 今回は、スゴレン男性読者への調査結果をもとに、「男性に人気のある女性が『無意識に行っている日常的な行動』9パターン」をご紹介します。


【1】身近な男性をあだ名で呼ぶ。

【2】会話中に微笑みながら話を聞く。

【3】身の回りの整理整頓ができている。

【4】会話の際などに、距離が少し近い。

【5】肩や腕を触るなどのスキンシップが多い。

【6】男性の冗談に対して、即座にツッコむ。

【7】長い髪の毛を結んだり、耳に掛けるしぐさをする。

【8】疲れると眠そうな表情をする。

【9】上目遣いで男性の話を聞く。



以上・・・オトメスゴレン - 02月17日




人気もいいけど、身の程を知ろう。

地位とか価値を含む事じゃないぞ。

身の程だ。


人の意見に身を任せないですむように、身の程を知ろう。


身を任せなきゃならんときは

。。。覚悟しよう。









応援いただけると幸いです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

◆こんな事も受け止められんのか?


245009_S_convert_20110214151726.jpg





■みのもんたの佑ちゃん取材に厳重注意
 
タレントみのもんた(66)が司会を務めるTBSの朝の番組「みのもんたの朝ズバッ!」が13日、日本ハム名護キャンプでの取材ルールを破ったとして、球団から厳重注意を受けた。登板前のドラフト1位斎藤佑樹投手(22=早大)に対し、みのらが取材禁止エリアで無断でインタビューを実施。モラルを逸した取材に、島田球団代表が事情聴取し、苦言を呈した。

 試合開始1時間ほど前の午前11時45分ごろ、みのとTBS高畑百合子アナウンサー(30)ら同番組の取材班が、取材が禁止されている名護球場内の正面玄関エリアに陣取り、一塁側の選手食堂で、腹ごしらえを終えた斎藤を待ち構えた。登板に向けた準備のためにサブグラウンドへ向かおうと姿を現した斎藤を直撃。そのままの流れでインタビューを行った。



以上・・・日刊スポーツ - 02月14日





私のナマエは 機械。

ロジックしか解りません。

コワレタラ修理すればいいのです。



ホ・ウ・レ・ン・ソ・ウ

ゴ・ダブリュ・イチ・エイチ



私のナマエはプログラム君。



ぴぴぴ・・・


ナミダは 目の掃除の為に出します。

ソシキのハグルマ。

プログラム君。


他人の行動をコピーします。

シッパイはバグです。

ハイジョ!!


ロジックがうまく浸透するまでの間。。。ちょっとだけたのんます。








応援いただけると幸いです。


テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

◆百聞は。。。一言にしかず



621252_S_convert_20110213163203.jpg




■決めてくるから守るんだろ?

 守らなきゃならんじゃないか!!


■お前は。。。解ってもらうまでが大変だ。

 解ってもらえりゃこっちのもんさ。


■合図が悪いだ?

 こっちは本気でやってんだ。

 おたくが本気で考えてたら指先一本でも解ったんじゃないのか?
 
 人任せ過ぎるんだ。


■身に付けに行くなら、まず姿勢だろ。

 先生に感謝しないとな。

 そうすりゃ、コミュニケーション能力を心配する暇はなくなる。


■接した時にその時の自分を誤魔化すから、何がなんだか解んなくなっちゃうんだろ?

 いいじゃないか失敗しても。

 死ぬのは駄目だけどな。。。俺が寂しいだろ。(笑)


■過食症?

 本気で味わえ!!

 食ったか食わねぇか解んないから食い過ぎんだよ。

 拒食症?

 食わな過ぎるは食い方知らないんだよ。

 見せてやれ。


■甘えて依存して。。。次に感謝して大人だな。

 甘え上手の甘えは麻薬とは違うよ。








応援いただけると幸いです。



 

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

◆原因は色々だぁ



749189_S_convert_20110209135206.jpg
 



■自殺原因「家庭問題」が増加
 
<自殺者>「生活苦」減る 「家庭問題」6.6%増
 
昨年1年間の全国の自殺者3万1282人のうち、「経済・生活問題」が原因とみられる人は6111人で、前年の6927人から11.8%減少したことが、内閣府経済社会総合研究所の集計で明らかになった。全国の自殺者数は前年の3万2740人から4.5%減っており、同研究所は「主として経済環境に強い影響を受ける中年男性の減少による」と分析。リーマン・ショック以降の景気悪化に歯止めがかかったことが自殺者数の減少につながったとみている。

昨年の自殺者数は今年1月に警察庁が暫定値を発表。内閣府が地域別や職業別の傾向を探ろうと集計した。原因・動機で最も多かったのは「健康問題」(1万3997人)で前年比2.6%減。「経済・生活問題」が続き、3番目は「家庭問題」(4051人)で6.6%増だった。職業別では被雇用者が7.3%減の8478人、農業を含む自営業者が15.3%減の2710人、失業者が16.7%減の1950人と、労働力人口での減少が目立ち、主婦など非労働力人口では横ばいか微増だった。


以上・・・毎日新聞 - 02月09日



誰かの帰る場所になるといい。

金でも家でもない。。。その人の全てが帰る場所。


いつ帰ってもよくて

嘘をついても

鼻くそほじっても

足の臭いかいでも

風呂入らなくても

働かなくても

泣きじゃくっても

。。。赦される場所。


元気になれば人は動きたくなるもんだ。


数字にびびるな。

これはデータだよ。(^^







応援いただけると幸いです。




テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

◆生きてりゃ光が射すもんだ


306309_O_convert_20110207061122.jpg



【私みたいな人へ】


回りが真っ暗だと 途端に恐怖を感じる。


回りが明るいと 途端に明るく感じる。


自身が感じた事から 逃げられない。


色々な事が 怖くて仕方がない。




それが過去であっても、今の様に思えて逃げたくなる人へ。


感じる事に長けている あなたへ。




七転び八起きなんて。。。苦しいよって感じるだろう?


感じる人間なら とやかく言わんでもやれる。


さっさと、十五回転しよう!!


起きなくて結構!!




寝っころがってても お日様はあったかいもんだ。


転がっちゃえ~♪




諦めるんじゃない。。。

進む為に。








応援いただけると幸いです。





テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

◆自分に祈る



823249_2_S_convert_20110203131518.jpg



■「母供養し、強く生きろ」両親殺傷の長男に父
 
 昨年4月、北海道北見市で長男が両親を殺傷したとされる事件で、殺人などの罪に問われた無職渡辺大起被告(24)の裁判員裁判の第3回公判が2日、釧路地裁(金子大作裁判長)で開かれた。

 この日の証人尋問では、重傷を負った父(58)が出廷し、「許されるなら、早く社会復帰させたい」と証言した。

 この事件では、母(当時55歳)が包丁で刺されて殺害され、父も数回刺され、一時は生命が危ぶまれた。冒頭陳述などでは、渡辺被告は大学を中退し、公務員試験にも落ち、家に戻ったが、母親に「クズ」などと叱責されたことに腹を立てたとしている。

 法廷で父親は「やったことをみつめ、母親を供養しながら強く生きていってほしい。分かるな、大起」と渡辺被告に呼び掛けた。父親は「刑務所に入るのは間違いないと思うが、強く生きていくため、これからも面会で話し合いたい」と述べた。渡辺被告は涙を流し聞き入っていた。



以上・・・読売新聞 - 02月02日




長男君の為に祈るよ。

自分の主観を疑わない人達には解らんだろうけど。。。

長男君の母は二度と戻らない。

だからこそ俺は君を赦すよ。


彼の父親が己の未熟を感じるなら、それも赦す。


分析されて、決めつられて、物が溢れて。。。自分の感覚と常識とを天秤にかけながら生きてきたんだと思う。

もしも話をする人がいたなら、彼の母を赦してあげる人がいたなら。。。

こんなことは起きなかったと推測する。

彼や父親が自身の因果に気づいた時に乗り越えられるように祈ります。



自分が信じている常識を再確認して欲しい。

『常識が変わり、たった一人になっても信じ通せる、行動に現せる常識』であるのかどうかを再確認して欲しい。

あまりにも曖昧なものさしで人を決めつけてやしないかい?









応援いただけると幸いです。





テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

◆聞いてねん



168189_S_convert_20110201153834.jpg



まだまだ私は、因果の流れに身を置いて抜け出せず。。。そこから世間を見ています。

ここには僻み妬みなどを書き散らかす始末。

笑って頂いて結構です。


私が居る因縁の河とは、戦後バブルの流れに間違いありません。

因縁とは、形の中で生きる事です。


今の子の中には、好きに生きる力が苦しんだ親によって備えられたケースも増えてきています。

私から見たら、その姿は羨ましく見えてしまいます。

事実とは離れて、流されている様にも怠惰にも見えます。


年齢などはアバウトですが。。。三十から上の人間には、好きに生きる事が悪だと言う方もいるんです。

なぜならば、社会も教育も最初から形が決まっていたんです。


その形に自らをはめなければならなかったのです。

それが空気のように当たり前だった。。。我が家も同じ様ですよ。


今の三十世代にはうつ病が増えています。

戦後の年功序列の中で形を習って生きた最後の世代です。


年功に従い社会的な力が不足します。

不足と書いたのは、戦後は力が全ての世の中だからです。

知識や物理的な力が無ければ、好きに生きる事は出来なかったんです。


昨今、日本はグローバル化が進み常識が一変し、生き方自体に変化が現れました。

形に習う常識から、好きに生きる常識にです。

年功があれば金や知識が守ってくれますが、年功序列の形を信じた最後の世代はかなわずしてグローバル化を迎えます。


常識はヒトそのものを作り上げます。

三十年と言う時間は、人を縛るのには充分な時間です。


好きに生きれず、金も不足、形が無ければ生きていけない。

偏ったこだわりなどで現れていますし、他人を排他的に扱いますのでわかります。

形と自由の摩擦が現在の社会にも具現化しているのがわかります。

特に教育現場で指導員をしている方に貴重なお話をお聞きしました。


人間は好きに生きる事で選んでいくのだと思いますが、いまだに形の中で選んでいく方法が主流です。

私たちには馴染みのあるやり方かもしれませんが、環境や常識が変わった世代には反発を招いています。


反発の一例に、いじめが常識の変化と共に増えてきたと気づきませんか?

もっとやりたい事がある。。。それなのに形が一つしかない。

反発は必然です。


反発をする側も何故、反発するかを相手の身になり考えてみてください。


私は揺れ動く常識の中、先輩方の苦悩を感じ、若い子の憤りを感じています。

同士の苦悩が一番の気掛かりですが。。。


ちなみに私は形に従うのではなく、選んでいく事ができるようになりました。

様々な常識を深く知り得た、貴重な立場と経験に感謝しています。










応援いただけると幸いです。



テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

プロフィール

らいおん

Author:らいおん
◇・◆・◇・◆

らいおんの鳴らす

鈴の音

聴こえますか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。