スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆頭の奥底の風景


217476_S_convert_20130625072829.jpg



風景が 情動を呼ぶ

あの風景に手をかけると

スウーーッと 消えてしまう

あの風景は。。。


釘を売る少年

あるだけ使う人間達

それは 私じゃないよ

私は ここにいるよ


バイクにまたがる君

私は ここにいる


かっこいい喋り方の君

君は 私じゃない

私は ここにいる


前に出る君

私は ここにいるよ


あの小道の君

知らなかっただけだよ

今なら きちんと話し合えるさ


あの公園の君

きちんと断ろう!!

道は選べる!!

道は選んでいい!!


ほら 私はここにいる


おいで

選んでごらん

ここにくるから


さぁ

公園の君 おのれの足で

選ぶんだ


君は 父とは違いすぎる

君は私で

祖父とも違いすぎる


はじめは言葉じゃない

感じるんだ


あの野原を

山を

川を

一人を 怖がらないで

君は 一人じゃない


小さな世界しか知らないものどうしの小競り合い

今なら選べるんだ!!


いいんだ

選ぶんだ!!

心 軽く

こころ かるーく


違うだろう?

小さな道を進むんだ


やがて ここにくる君を

私は 君を愛している



私は 君を愛している


私は 君を愛している


私は 君を愛している


私は 君を愛している


私は 君を愛している



スポンサーサイト

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

◆ Tinkling of a bell


212730_convert_20130427024726.jpg



Tinkling of a bell  

ねぇ 一度だよ

一度だけ


想いって

追いかけちゃ駄目

泣きながら 手放していくんだ


だいじょうぶ

【勇気】って むずかしくないよ

僕と手をつないで

振り返ってみる?


1.2.2.3・・・



ほら

なにもない


ね?

Tinkling of a bell

 
僕は 白いらいおん

君より少し早く 勇気を出せたんだ^^





Photo: CHI‐I

http://fotopus.com/index.html/module/MyFotoPus/action/MyFotoPusDetail/mem_cd/2008042200000072514


テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

◆ 雨でも降れば


748937_S_convert_20130307091945.jpg
 


自分が

なにもしていないんだと思うとき

そっと

消えてしまいたくなる


なにもしていないんだと思うとき

しずかに

そっと

消えてしまいたくなる


なにかをしているように 

見えただけで

なにもしていないんだと思う


それほど

それほど

うすっぺらなゴミクズ



空を見上げれば

空っぽの中身が 浮かんでいる



あぁ

雨でも降ればな



テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

◆祈る


706869_1_convert_20130221053921.jpg
Photo:KOMOREBI
http://fotopus.com/index.html/module/MyFotoPus/action/MyFotoPusDetail/mem_cd/2009042700000252392


祈る

健やかを 祈る


いっさいを 欲で 肯定せず

いっさいを 怒りで 否定せず

いっさいを 迷いで 目を背けず

いっさいを すべき・ねばならないで 苦しまず

怒りのペダルを こがず

反省は 一度とし

いっさいに 健やかに


いっさいの辛い過去に

目を背けず

怒らず

憎まず

それらの踏み台から 降り

自らの安らかを

外の安らかを

ただ 想い


いっさいの善きを 健やかとし

いっさいの悪しきを 同情とし

健やかを 安楽を

祈る


急ぐときも 健やかを想い

決めつけるときも 安楽を想い

いっさいに 健やかを想い

怒るその心に 斧を振りかざさず

同情し 

悪を

悪と決めつけず

安楽 健やかな心に



褒めるを 善とせず

叱るを 善とせず

健やかを 喜び

健やかを 喜び


安楽を 安楽を

彼の地に 旅立った命に
 
名もつかなかった命に

己に

たずさわった いっさいの命に

健やかと安楽を

ただ ただ

祈る

 

にょふふー♪
 

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

◆蒼空の種

1099044_S_convert_20120526055752.jpg




蒼空に根づく種をあげよう


蒼空があるかぎり


枯れはしない 魔法の種



種を手のひらに乗せて


その小さな欲張りを どこかへ


ふーっと



いつかあなたが


たんぽぽの綿毛よりも 軽くなったのなら


こんどは あなたが誰かに


ふわり


ふわふわと 咲けるように




あなたの花が


咲いたなら


あなたの手から


蒼空の種を


ふーーーーっと




 






応援いただけると幸いです


 

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

らいおん

Author:らいおん
◇・◆・◇・◆

らいおんの鳴らす

鈴の音

聴こえますか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。